警告!闇金からお金を借りる恐怖を知っておきましょう

闇金と関わらないで!

お金を借りたいと思って、どうお金を調達するのか?

 

これって、かなり大事なこと。

 

中には、お金を借りることができれば、
どこでも一緒だと思っている人もいるけれど、
それは絶対に違うんです。

 

お金を借りて、返せばそれでいい。
何かのトラブルに巻き込まれる人は、
「返済期限を守っていないからだ!」
なんて思う人もいるようだけど、それも違います。

 

お金を借りる人は、
ほとんどがしっかりと返済するつもりで借りているから。
そう、私もそうだったんです。

 

「お金を借りてもちゃんと返せば全く問題が無い」

 

そう思っていました。
でも、ちゃんと返していても、トラブルに巻き込まれる・・・。
それが闇金とか町金とかそんなところのような気がします。

 

今からお金を借りようと思っている人、
銀行や消費者金融で断られたから、
闇金で借りようかと思っている人、
 
待ってください!

 

絶対に闇金に行ってはいけません。
関わったら最後・・・

 

自分だけでなく
家族も巻き込んでしまうことだって、
大いにあるんです。

 

一度の借金で
人生をめちゃくちゃにされたくなかったら、
関わらないようにして下さい。

 

きっと、私のように闇金で
大変な目に遭った人はたくさんいると思うけれど、
なかなか勇気を出して告白できないものだと思います。

 

でも、勇気を出して告白することによって、
誰かひとりでも救われたら、
私も少し救われるかもしれません。

 

お金を借りる

闇金が怖いっていうのは、
メディアからの情報などで、
多くの人が知っていることでしょう。

 

そっち系のドラマや映画とか見て、
恐ろしさを知ったという人もいると思う。

 

でも中には、妙に楽観主義?で、
そこまでのことは無いはずって思っている人もいて、
そんな人が最終的には闇金と関わっていくことになってた。
客観的に見てそうなんです。

 

もちろん私もその中のひとりだから、
大きな声で他人のこと言えないけど。

 

そういうことに全く関係の無い人からは、
「どうして普通のところからお金を借りなかったの?」
なんて言われたし。

 

本来なら、
「なんで、お金借りてるの?」
ということを言われるはずなんだけど、
そこはスルーされてた。

 

闇金と関わった私に、
周りは病気で言うなら末期的な扱いをした。

 

自分でもそれは分かっていたし、
実際お金に関することで言うと末期的だったし。

 

当時は、
「もうこの世の中が終われば、私の借金も無くなるし〜」
なんて現実逃避していました。

 

でも、そんなことないわけで、
夜か来て朝が来てまた一日始まるし・・・で。

 

周りの闇金に関わって行った人の中には、
自殺した人ももちろんいたんだけど、
「この人、自殺するのかな?」
と思いながらも何もできなかった。

 

自分も自殺したいって気持ちにさえなってた。

 

借金の理由

借金したことがない人は、
いつも言います。

 

「どうして借金なんてしたの?」

 

「見た目地味だけど、どこにお金使ったの?」

 

「もしかして誰かに貢いでたの?」

 

いろんなことを言います。

 

借金する人はすべて派手でもないけれど、
理由はいろいろありますよね。

 

でも、共通して言えるのが、
何だか寂しかった・・・
というような理由。

 

確かに寂しかったし、
相談できる人とか信頼できる人って、
いなかった気がする。

 

私の場合は、ひとり暮らしをしていたんだけど、
アパートの家賃、毎日の食費で、
生活はいっぱいいっぱいだった。

 

それは、フリーターということもあったと思うけど、
フリーターでもしっかり生活している人もいるから、
それだけのせいにはできない。

 

正社員でも借金地獄で、
闇金に手を出してしまう人もいるから。

 

結局は、自分がしっかりしていなかったことと、
お金を使って寂しさを紛らわそうとしていたことが原因かな?

 

私の場合は、もともとおとなしい性格で、
お休みの日に遊ぶ友達もいなくて、
彼氏もいなかったから、
ふらりとパチンコ屋に寄ったことがそもそもの始まりと思う

 

寂しさをそんなもので埋めようとしたことで、
すべてがめちゃくちゃになってしまった。

 

ホントにバカと言えばバカだ。

 

それでも最初は銀行からお金を借りようとした

お金を借りる=銀行

 

そう思っていたのは、
親が住宅ローンとかカーローンとか、
組んでいたのをみていたから。

 

銀行ってお金貸してくれるところなんだ、
となんとなく思ってた。

 

その銀行だけど、
よく利用している銀行に行って、
「あのーお金を貸して貰いたいんですけど」
と言った。

 

そういうときって、どういえばいいのか?
全く分からずにそんな風。

 

「融資」とか、そんな言葉さえ出てこなかったのだ。

 

銀行って審査が厳しいって、
後でいろんなところから聞いたんだけど、
やっぱりそんなこんなで、
私なんてお金貸して貰えるわけない。

 

後で聞いたけど、
銀行でお金を借りるときって、
審査に通る割合はかなり低いとか。

 

フリーターで年収も200万円以下の
私が通るのは難しいですよね。

 

後で親しくなった人
(パチンコ屋で仲良くなったおばちゃん)にも、
「年収300万円でも落ちるからね〜」
って言われたし。

 

いろいろ調べたら、
年収だけでなく、勤続何年か、
賃貸かとかいろんなことが関係してくるみたいで、
どれを見ても、
私が銀行の借り入れ審査に通るわけなかったんです。

 

きっと、銀行の人も私のこと笑ってたのかな?
・・・とか思いました。

 

年収低い、賃貸、生活費足りない・・・
その理由がパチンコ屋でお金使ったからですから。